やりがいを見つける

人はやりがいを感じると、普段は出さないでいるいつも以上の力を発揮するようです。
これはやりがいを感じることで一種の興奮状態に近い状態になるからかもわかりません。
ですが何事でもこのように達成感ややりがいを感じられるのはとても良いことです。
それが仕事をする上で感じられるのであれば、尚更良いことだと思います。
子供の頃や学生時代にはやりがいを感じたり、達成感を感じる機会は多々ありましたが大人になるとこのような機会が少なくなってきて、少々のことでは感動をしなくなるからです。
何かを作り上げる仕事をしている人であれば、完成時にやりがいや達成感を味わうこともあると思います。
ですが一般職の場合、このような感動を感じることはまず珍しいことなのです。
医療関係であれば看護師なら担当していた患者が元気に退院していくときなどに安心するとともにやりがいも感じるかもしれません。
医師であれば処方の薬で患者の病状が改善したりすると感じるかもしれません。

このように自分の仕事の結果がわかる仕事は辛いこともありますが、それ以上にやりがいも感じることが出来るようです。
同じように大変な仕事であるのなら、このようにやりがいを感じられる仕事の方が緊張感を感じたり、またどのような対象方があるかなど工夫する余地もありますので真面目な人ほど向いている職業かもしれません。
常に自分のすべき仕事と向き合い、工夫することで感動をすればまた自分の中で工夫を重ねていくことが出来るからです。
自分の考えた工夫が誰かの助けになったあり喜ばれたりすると、人はもっと頑張ろうと思えるようです。
これには情熱的なタイプよりも、冷静に客観的に物事を見る目を持った人の方が、感動を味わいやすいかもしれません。

関連サイトはこちら:http://www.shigoto-yarigai.net


No Comments (yet)

コメントを残す